お得情報

サイトマップサイトトップ広告掲載について
お得情報満載!高収入情報、便利情報、投資法情報、アフィリエイト情報のお得ねっと
 お得情報満載!当サイトは、ネット上にあふれる膨大な情報からお得な無料サンプル、便利、お小遣い稼ぎ、懸賞、高収入、投資法、アフィリエイト、保険、金融、SEO、ヘルスケア、オークション、FX、クレジットカード、出会いなどの情報を集め御提供させて頂いております。当サイトは完全無料で運営しております。
Google
WWW を検索 サイト内(krha.net) を検索

Today:

Yesterday:


お得!経済学資料室
世界経済、日本経済、現代経済などの情報。
金本位制の誕生から終焉

 金は輝きがあり、腐食しにくく、転生が大きく(薄くのばすことが出来る)、分割することもできるところから、何とでも交換可能であったため鋳貨として使われてきた。この金貨をもろもろの商品の価値を表現するのための基準として使うことを金本位制という。

 金本位制の下で発行される紙幣は、一般に各国の中央銀行(発券銀行、日本では日本銀行)が発行する銀行券であり、中央銀行が保有する金貨や金塊と引き替えに発行される兌換紙幣(金と交換できるという意味)である。紙幣が信用される根拠は、本来金本位制の兌換制度にあった。従って、金本位制度の下では各国の紙幣量は金の保有量に制約される。

 金本位制では輸出入の差額は金で払われ、調節される。ということは貿易が赤字になると金が国外に出て行き、国内通貨量は減少し、国内の所得は減り物価は下がることになる。すると輸入は減り、輸出が増えて貿易赤字は解消にむかう。金本位制にはこのようなメカニズムがあり、それを金本位制の自動調節作用という。

 金本位制は1816年にイギリスに始まり、1844年にイングランド銀行が金と交換可能なポンドを兌換紙幣(金1オンス=3ポンド17シリング10ペンスを平価とした)として発行し、19世紀末にロンドンを中心とした国際金本位制として確立した。金本位制は1914年の第1次世界大戦で一時停止されたが、1925年にイギリスをはじめ各国が金本位制に復していた。金本位制によって各国の通貨は金との等価関係にあることとなり、相互に交換が自由に行われることが保障されていた。しかし、この時イギリスは国家的威信にこだわり、旧平価で金本位制に復したため、貿易収支が悪化し、資金がアメリカに移動し、アメリカの金融緩和と相俟ってアメリカの株式市場が暴走する遠因となった。日本も1930年に金解禁に踏み切った(金本位制となること)が、やはり旧平価での解禁であったため、金の流出がおきて失敗した。

 しかし、第1次世界大戦後はドイツの賠償金負担、イギリス・フランス・イタリアなどの対米戦債の支払いという、生産性の成長を阻害する要素が存在するなかで、アメリカ合衆国経済への一極集中が行き過ぎ、にもかかわらず旧来のイギリスを中心とした金本位制のシステムが温存され、アメリカ合衆国も世界経済全体に責任を持つという意識がなく、またアメリカ合衆国はヨーロッパ諸国に比べて中央銀行の設置が遅く、ようやく1913年に連邦準備制度が成立したため中央銀行の役割を担う連邦準備制度理事会が金融機関に対し十分な統制力を持っていなかったため、恐慌を拡大させてしまった。アメリカ合衆国は実質的な世界経済のリーダーに立たされていながら、国際連盟への加盟を拒否し、リーダーとしての責任を果たさなかった。1933年6月のロンドン世界経済金融会議では、金本位制離脱国と金ブロック−フランス、イタリアが対立し、アメリカのF=ローズヴェルトは国内経済復興のニュー=ディール政策を優先して、調停役を放棄したため、会議は決裂し第2次大戦中のブレトン=ウッズ会議まで全体協議の場がもてなくなった。

 世界恐慌の深刻化の中で世界的な金融不安が広がり、1931年から33年の間に次々と金本位制から離脱する。まずドイツの銀行破綻を受けて31年9月にマクドナルド挙国一致内閣のイギリスが金本位制停止に踏み切り、イギリスとの関係の深いポルトガルや北欧諸国がそれにならった。同年12月、日本の犬養毅内閣が禁輸出再禁止を決定。さらに1933年3月、F=ローズヴェルト大統領のアメリカ合衆国も金本位制から離脱し、ここに世界の金本位制は崩壊した。一方、フランス・オランダ・ベルギーは金本位制を維持し、金ブロックという一種のブロック経済圏を形成する。

 金本位制に代わる通貨制度は、中央銀行の管理の下で、紙幣が発行される、管理通貨制度に移行することとなった。管理通貨制度では紙幣は不換紙幣(金に代えることが出来ない)として発行される。紙幣の発行量は金の保有量によるのではなく、中央銀行の持つ資産を根拠として発行される。

 世界通貨制度としての金本位制が崩壊した後は、資源に恵まれたアメリカ合衆国はニュー=ディール政策によって国内購買力を回復させることに成功していくが、イギリス・フランスはブロック経済圏を形成して保護主義をとるようになり、また日本を含む各国は平価の切り下げ(自国通貨の価値を下げる)を行うことで、輸出を多くし、国内産業を守ることを競うようになった。それはさらに国内の労働者への低賃金という形でしわ寄せを強めることとなり、世界全体の購買力を低減させ、また資源や安い労働力を求めて領土・勢力圏の拡大をはかる戦争への道を開くこととなった。ナチスドイツの「生存圏の拡大」、日本軍国主義の「満州国」などがそれにあたる。

 第2次世界大戦後は連合国を主体に世界経済の国際協調体制であるブレトンウッズ体制をつくり、アメリカ合衆国のドルを唯一の基準通貨とし、平価切り下げ競争が起きないように固定為替制度をとることとなった。また国際収支の悪貨によって1国の経済が破綻すると、世界経済全体に影響を及ぼしたことを反省して、国際通貨基金と世界銀行を設立した。



ゲームで一攫千金☆
ミリオンゲームDX!

提供 株式会社アイシーディー


ネットNo.1!SBI証券
資料請求は無料です。
未経験の方もまずは勉強から!

提供 株式会社SBI証券


無料登録で投資情報をGET!
経済に強くなるには?

提供 アテナインベストメント株式会社


約6万件のレッスン情報
無料で資料請求
<Veeスクール>

提供 株式会社プロトコーポレーション




| 資料室TOP | お得ねっとTOP |



★業界No.1出会いサイト・無料PTアリ★
提供 ブロスゲイト株式会社
無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱
資料請求やゲームで現金GET!元手0の小遣い稼ぎ♪

提供 株式会社オズビジョン
<お得ねっと新着記事>
Copyright (c) 2006-2011 krha.net All rights reserved.