お得情報

サイトマップサイトトップ広告掲載について
お得情報満載!高収入情報、便利情報、投資法情報、アフィリエイト情報のお得ねっと
 お得情報満載!当サイトは、ネット上にあふれる膨大な情報からお得な無料サンプル、便利、お小遣い稼ぎ、懸賞、高収入、投資法、アフィリエイト、保険、金融、SEO、ヘルスケア、オークション、FX、クレジットカード、出会いなどの情報を集め御提供させて頂いております。当サイトは完全無料で運営しております。
Google
WWW を検索 サイト内(krha.net) を検索

Today:

Yesterday:


お得!経済学資料室
世界経済、日本経済、現代経済などの情報。
世界恐慌

 世界的な規模の経済恐慌のことである世界恐慌。1857年の恐慌がその最初であり、1929年に始まる大恐慌は最も大規模かつ深刻なものであった。

 基本的な原因は需要と供給の不均衡にあった。1920年代のアメリカ経済は第一次世界大戦後債務国から債権国へと転じ、ハーディング、クーリッジ、フーヴァーの3代にわたる共和党政権のもとで自動車工業を初めとして、高度の資本主義の繁栄がもたらされていたが、第一次世界大戦の荒廃から回復していない各国の購買力が追いつかず、一方交戦諸国の農業生産が回復にむかったことによって農産物の生産が過剰ぎみになっていた。農業不況に加えて鉄道や石炭産業部門も不振になっていたにもかかわらず投機熱のみがあおられ、適切な抑制措置をとらなかったために1929年10月ニューヨークの株価大暴落を招いた。

 1929年10月24日、アメリカ・ニューヨーク市のウォール街は、異常な空気につつまれていた。それは、ニューヨーク株式取引所で、取引開始後、1時間後ぐらいのあいだに、株式の売り注文が、ジリジリおしよせ、前例のないおどろくべきはげしさで株式の価格が下がりはじめたからである。午前11時には、全アメリカの株式売買の店から、売り注文がおしよせ、恐ろしいパニック状態となった。取引は、午後3時に終了したが、その日の株式売買高は、売りを中心に1289万株というアメリカでの新記録をつくった。これが、ほとんど全世界の資本主義国家を巻きこんだ世界大恐慌のはじまりであった。その後も株価は下落し続け「暗黒の木曜日」と呼ばれる24日からわずか2、3週間に300億ドルが空中に吹き飛ばされてしまった。この金額は、アメリカが第1次世界大戦に消費した金額に相当した。おそるべき大暴落であった。

 アメリカの経済恐慌はヨーロッパそのほかの地域にも伝播し,1931年5月にはオーストリア最大の中央銀行クレジット=アンシュタルトが倒産したのにつづいて,ドイツはダナート銀行の破綻に始まり6月に全ドイツが金融恐慌にまきこまれた。

 恐慌に対する各国の対応策としてアメリカは、現職のフーヴァーを破って当選した民主党のF=ルーズヴェルト大統領のもとでニュー・ディール政策を取り、大規模な失業対策と公共事業、社会保障政策により国民の購買力を高めることで恐慌を乗り切ろうとした。

 アメリカから伝播した恐慌で各国もさまざまな恐慌対策を試みた。いわゆる「持てる国」といわれたイギリス・フランスなどの広大な植民地を保有する国は、自国の勢力下にある植民地・従属国との結合を強め、その内部で貿易の拡大をはかり、高関税ブロック(障壁)で外国からの輸入を阻止する自給自足的な経済ブロックを形成したのである。イギリスとその連邦諸国で構成したポンド=ブロック、フランスが北アフリカ植民地・東欧・バルカン諸国とのあいだで作ったフラン=ブロック、そして南北アメリカを結んだアメリカ=ブロックが形成された。ところがこれらの「持てる国」とは異なり、植民地や国内資源の少ない「持たざる国」では経済危機はより深刻なものとなり、その危機を軍事産業の拡張とその軍事力による海外市場獲得政策、つまり植民地獲得で切り抜けようとする政策がとられ、ファシズムが台頭することになる。

 イギリスの政策は、ウェストミンスター憲章で各自治領に本国と対等の地位を認めることでその協力をとりつけ、マクドナルド挙国一致内閣のもとで金本位制を停止しオタワ会議でブロック経済をつくり恐慌を乗り切ろうとした。一方、ソ連はレーニンの死後、一国社会主義論を唱えるスターリンと世界革命論を唱えるトロツキーの対立がおこり、トロツキーを追放したスターリンは、反対派を粛清し独裁制を確立していた。彼の指導のもとで五力年計画が推進されていたので、恐慌の影響はほとんど受けなかった。

 イタリア・ドイツ・日本は、世界恐慌に対してニュー・ディール型やブロック経済型の対応をする国力はなく、恐慌対策を侵略への道に求めた。1933年1月30日のヒトラー政権の成立はそのコースへの画期的な事件となる。

 まずイタリアは、第一次世界大戦の戦勝国であったにもかかわらず、フィウメ、アルバニアの領有を認められず、共産主義勢力の暴動などが重なって社会不安が広まっていた。これに乗じてムッソリーニが指導するファシスタ党が台頭し、資本家、軍部の支持を受けて、1922年クーデターで政権を獲得した。一党独裁の下で、ムッソリーニはフィウメを併合し、アルバニアを保護国化するなど強硬な対外侵略政策を推進していく。

 ドイツは恐慌の影響が最も大きかった。1933年ヒトラーの率いるナチス(国家社会主義ドイツ労働者党)が政権につき、政治の反動化がひきおこされた。ヒトラーは、当初ミュンヘンで武装蜂起したが失敗し投獄されたので、合法路線による政権奪取に方針を変更した。ドイツでは、世界恐慌の波が及ぶと都市の中間層や農民の不満が増大し、彼らの支持を背景にナチスは1932年の選挙で第一党になり、共産主義の進出を恐れる資本家、軍部とも提携して政権を獲得した。ヒトラーは、ワイマール憲法を停止し、国会議事堂放火事件を口実に共産党を非合法化し、反対党を解散させてナチスによる一党独裁体制を確立した。ヒトラー政権の特色は、ムッソリーニと異なり、議会主義の破壊を議会主義のルールで達成した点にある。

 日本は、すでに1927年に金融恐慌がおこっていたが、世界恐慌の波及で日本経済は深刻な危機に陥った。この危機を乗り切るために、日本は中国大陸への侵略に乗り出す。1931年の満州事変、32年の上海事変を経て1937年から全面的な日中戦争に突入していった。

 その後、イタリアのエチオピア併合とフランコ将軍によるスペイン内乱を契機にして、イタリアとドイツはベルリン=ローマ枢軸を成立させ、同年に締結された日独防共協定にイタリアも加わる形で、1937年に日独伊三国防共協定(1940年に日独伊三国軍事同盟に発展)が成立した。ドイツのオーストリア併合、ズデーテン侵攻、イタリアのアルバニア併合を経て、ドイツのポーランド侵入にイギリス、フランスが宣戦して第二次世界大戦が勃発する。1941年12月日本が真珠湾を奇襲してアメリカに宣戦し太平洋戦争が始まり、第二次世界大戦は全世界に拡大していった。

 経済の世界の大恐慌が戦争につながってしまったこうした例を見ると、経済は人間にとってとても大事なものであるということがよくわかる。



ネットNo.1!SBI証券
資料請求は無料です。
未経験の方もまずは勉強から!

提供 株式会社SBI証券


無料登録で投資情報をGET!
経済に強くなるには?

提供 アテナインベストメント株式会社


約6万件のレッスン情報
無料で資料請求
<Veeスクール>

提供 株式会社プロトコーポレーション




| 資料室TOP | お得ねっとTOP |



★業界No.1出会いサイト・無料PTアリ★
提供 ブロスゲイト株式会社
無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱
資料請求やゲームで現金GET!元手0の小遣い稼ぎ♪

提供 株式会社オズビジョン
<お得ねっと新着記事>
Copyright (c) 2006-2011 krha.net All rights reserved.