お得情報

サイトマップサイトトップ広告掲載について
お得情報満載!高収入情報、便利情報、投資法情報、アフィリエイト情報のお得ねっと
 お得情報満載!当サイトは、ネット上にあふれる膨大な情報からお得な無料サンプル、便利、お小遣い稼ぎ、懸賞、高収入、投資法、アフィリエイト、保険、金融、SEO、ヘルスケア、オークション、FX、クレジットカード、出会いなどの情報を集め御提供させて頂いております。当サイトは完全無料で運営しております。
Google
WWW を検索 サイト内(krha.net) を検索

Today:

Yesterday:


お得!株式投資・証券会社情報
手数料が有利な証券会社や株式投資に必要な情報など。
  株式投資と証券会社

 「株式投資」と聞くと、「値下がりの危険がある」、「余裕資金がない」、「十分な知識を持っていない」などの理由から敬遠している方も多いと思います。確かに、株式投資は元本割れのリスクがあり、失ってもかまわない余裕資金で行う必要があります。

 また、十分な知識がないとの理由から、踏み切れないのはもっともなことです。しかし、現在の超低金利を考えてみて下さい。10年の定期預金に預けても金利は0.1%程度です。これは、100万円を10年間定期預金しても、年利はたった1,000円ということです。

 将来の年金不安、増税不安を考えると、貯蓄だけの資産運用で本当に十分と言えるでしょうか?株式投資には一般の貯蓄にはみられない値上がり益、配当金、株主優待などの魅力があり、また、自分で考えて投資するという楽しみもあります。

 株式投資は、メリットばかりではありません。当然、リスクも伴います。日本人はリスク(risk)と聞くと、危険(danger)という意味に誤解しがちです。しかし、リスク(risk)とは、不確実性の大きさのことなのです。

 株式投資の最も大きなリスクは、元本割れの可能性があることです。例えば、安定株・ディフェンシブ株として有名だった東京電力株であっても、バブル期に10,000円近くした株価が、2002年頃には2,000円近くまで下落し、更に大震災と原発事故に見舞われた2011年には150円を割るところまで下落しました。ただ、これは非常に極端な例といってよいでしょう。

 逆に値上がり益が非常に魅力です。東京電力の逆の例も多数あります。ヒット商品を生み出したり、時代の流れにうまく乗り業績を大きく伸ばし株価を倍増させた企業も少なくありません。

 2003年からの上昇相場では、日経平均株価は8,000円割れから17,000円超まで上昇しました。個別銘柄では、数倍〜数十倍に上昇した銘柄も少なくありません。銀行預金では数十年かかる利回りを、株式投資では数年で達成してしまうことも可能なのです。

 次に、配当利回りや株主優待も魅力です。超低金利時代では、銀行預金が0.001%に対し、配当利回りや優待利回りが3〜4%、中には5%を超えるケースもありました。最近は、個人株主の裾野を広げるために、株主優待制度を充実させる上場企業も増えてきました。

 例えば、デパート・スーパー、電鉄会社、航空会社などでは割引優待券、映画会社であれば招待券、飲食店、居酒屋チェーンなどでは優待食事券、飲食品メーカーであれば2000〜3000円程度の自社製品など、それぞれ毎年、無料で提供されます。

 その他、株式投資を始めると、日本経済、世界経済の様々なニュースが、株価に影響を与え、自分の利害に直結してくるため、非常に身近なものに感じられるようになります。

 少し株を買ってみると、いやでも経済の勉強するようになります。世の中が見えてくるといっても過言ではありませんよ!




【上野式サヤ取り教室】
無料メルマガ登録

提供 サヤ取り黄金の投資術


注目銘柄リスト
提供 シュルツ・ベルガー


ネットNo.1!SBI証券
資料請求は無料です。
未経験の方もまずは勉強から!

提供 株式会社SBI証券


有望株式銘柄リストを
無料メルマガで配信中!

提供 株式会社SQIジャパン


 ◎株式投資

 「株式投資」と聞くと難しそうなイメージがありますが、低金利時代の資産運用の手段として今注目されています。ここでは、これから株式投資をはじめてみたいという方を対象に、株式投資の基本を説明します。

 株式とは、企業が設備投資や新規事業などで多くの資金が必要なときなど資金調達を行うときに発行するもので、株式会社において株主であるという地位を示す有価証券のことであり、株式を購入した投資家はその企業の株主となり、様々な権利を持つことができるものです。

 ■株式投資で期待できること

 株式投資を行ううえで、投資家は以下のような利益を期待できます。

 ・売却益(キャピタルゲイン)が期待できる。
  株価が安いときに購入し、高くなったら売却することでその差額で出る利益のことをキャピタルゲインと呼びます。うまく売買すれば大きく利益を出すこともできます。

 ・配当益(インカムゲイン)が期待できる。
  企業は決算で一定期間の損益を確定し、利益があればその一部を「配当」として株主に分配します。その配当での利益のことをインカムゲインと呼びます。配当には、「普通配当」のほかに、「特別配当」や「記念配当」があります。株価が大きく変わらない株でも持ちつづけることでインカムゲインで得をすることができます。

 ・株主優待で得ができる。
  企業が株主に対して自社製品やサービスなどを提供する制度です。鉄道会社なら鉄道の乗車券、ホテル経営会社なら宿泊券など、お米や牛肉といった各地の特産物などユニークな株主優待を導入する企業も増えています。(株主優待の無い会社もあります)

 ■株式投資のリスク

 株式投資には、為替や金利の変動や経済・政治情勢、企業業績など株価に影響を与えるリスクが必ずともないます。株式投資を行う際は、以下のリスクを十分把握したうえで、余裕資金で投資することが原則となります。

 ・株価変動リスク
  国内外の政治・経済・社会情勢及び発行者の経営・財務状況の変化などの影響を受け、株価が下落し、損失を被ることがあります。

 ・信用リスク
  民事再生手続きや倒産、債務不履行等、発行者の財務状態の悪化により、損失を被ることがあります。

 ■株式投資のリスクへの対応

 売買のタイミングや銘柄を集中させるのはリスクが比較的大きくなります。時間や銘柄を分散してリスクを極力少なくしましょう。

 ・時間を分散する
  「時間の分散」は、投資のタイミングを数回に分けることです。現在の株価が高いか安いかは、後になってみないとわからないため、1度にまとめて購入すると、高値で買付してしまうなどリスクが大きくなります。そこで、同じ銘柄を数回に分けて購入し、買付単価を平均化しようとする考え方です。

 ・銘柄を分散する
  「銘柄の分散」は、投資先を複数の銘柄に分散することでです。その場合に、業種や値動きの異なる銘柄を組合わせることがポイントになります。また、国内だけでなく、一部の資金を海外投資することもリスク分散の方法の1つです。

 また、株式投資にはいくつかの方法があり、一般的な取引方法である自己資金・自己保有株式で株を売買する現物取引(普通取引)、証券会社に一定の担保を差入れることによって、差入れた金額よりも数倍もの金額の取引が可能になる信用取引などがあります。これらの取引法の特性を理解し株式投資に関する最終決定は、自分自身で判断するようお願いします。
 まずは各証券会社の資料を請求して勉強してみましょう!


 ●まずは資料請求やお試しで口座開設から



 〜手数料が安く無料で資料請求、口座開設できる証券会社一覧〜


株式会社SBI証券


No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならSBI証券



少額からのスタートには嬉しい1日合算のアクティブプランがお勧めです!

Copyright (c) 2006-2011 krha.net All rights reserved.